世界のサッカーシーンで注目を集めたヨハン・クライフ

かつてはオランダ代表として世界のサッカーシーンで注目を集めたヨハン・クライフでしたが、現役休息のちしばらくして旦那には大きな仕事を任されることとなりました。

スペインリーグ屈指の名門とされながら長くいまいちの名門ですレアル・マドリッドの後塵を拝し、優勝を逃し続けていたバルセロナの復活だ。

レアル・マドリッドも数々の名アスリートを輩出してきましたがそれはバルセロナも同様、但し何故か優勝は出来ずにいました。

当時のメジャーとしてはイングランドの点取り屋、ゲリー・リネカーがいましたが、あんな旦那をクライフは真中フォワードではなく、右手のスポーツマンとして起用、不馴れなポストを任されたリネカーはそれまでリーガで2クラス維持得点2近くでしたが一転狂乱に陥り、ディレクターとの確執も重なり分隊を後に決める。
但し後に旦那が連れてきたストイチコフ、ロマーリオ、ミカエル・ラウドルップが攻撃達を構成、そうして守備のエレメントとしてロングフィードの達人、オランダのクーマンを連れてきて分隊は絢爛引き戻す案件に成功、就任してから誠にスペインリーグ4連覇という偉業を達成し、クライフはアスリートとしてのみならず、ディレクターとしても世界的な名誉を得ることとなりました。